Google+ Badge

2011年5月19日木曜日

援農ボランティア!NPO「すずしろ22」

 農村の高齢化による人手不足は深刻!なにせ農業就業者の平均年齢はH22年で65.8%、65才以上の構成比も60.4%(推)と高い。多くの直売所でも出荷者が減り困っている。新たな生産者をどう育てるか・・・そのシステムの構築求められる。

 こうしたなか、市民による援農システムを推進しているのが、都下八王子市のNPO法人「すずしろ22」(理事長・中村貞夫氏)である。写真では見にくいが、「八王子の大地を応援する」をキャッチフレーズに活躍し、すでに正会員は130人ほど。年会費1,500円、あとは万一の事故に備え、任意に傷害保険に入るだけ。

 活動は3本柱・・・
 ①援農ボランティア  農家と市民の相互扶助に立った農作業の応援。責任・継続・対等の考えから有償の活動で、農家から550円の謝礼をもらい、運営費として100円を引いた450円が市民にわたる。

 ②援農プロジェクト  農地の活用・保全について農家の計画に主体的に参加し、謝礼として収穫野菜をもらう。市民農園の開設・運用、環境・景観の維持にも寄与していこうというもの。

 ③地産地消活動  生産された野菜の販売を手伝うもの。新鮮・安全・顔の見える野菜を消費者に提供するとか、学校給食ほかのルートを開発し、流通ルートの短縮に寄与していく活動。

 健康に良い、農作業を体験したい、農家に元気になって欲しい・・・など、参加理由は様々なようだが、「すずしろ22 月報」は、実に豊富な内容がA41ページに上手まとめられ、センスあふれる編集である。今月の援農状況、援農に参加した感想文、イベント情報、農家の栽培状況、事務局からのお知らせなど簡潔に掲載され、写真・イラストもあって楽しく読める。

 4月の月報に載ったUさん(女性)の感想文・・・「生協で援農経験は何度かありますが、車がないので 遠出は無理です。近くを中心に参加しています。介護も始まり、当初思ったほど参加できません。内容も草刈りだけです。夏の炎天下、畑にしゃがみこで草刈りをするのは、思った以上に疲れる作業でした。(中略)それでも、畑が綺麗になるとうれしいものです。半日やった後に飲んだアイスコーヒーは格別に美味しかったです」とあります。

 体験を通じ、真の農業者と市民の相互理解と交流が進み、それが援農につながる、わずかながら収入にもなる・・・こうした3方良しのシステムが全国に広がることを願ってやみません。

 

 

 

 

















0 件のコメント:

コメントを投稿