2014年3月2日日曜日

スーパー他のバイヤー様へー地方発こだわり商品の充実を!

 消費税がアップする。消費者負担も考え、新たに価格競争が激化するのでは・・・と心配される。だが3%見合いの還元を考え、別途の形の安さ競争に走れば純利益率は大幅に低下し、スーパー等の未来はないのではないか。 

言いたいのは、いま農業の分野では、「6次産業化」や「農商工連携」に沿って、やや高いが「地方発のこだわり商品」が多数開発されている。時に原料が減化学農薬・減化学肥料だったり、地方の特産農産物だったり、昔ながらの品種だったり、完熟品だったり・・・といった国産原料を使った品位の高いものである。 


<写真>こくと甘味のある深蒸し茶の朝・昼・夜と楽しめる3バージョン(埼玉県入間市の貫井園)
 
    国産原料、②時に小ロット加工、加工力の低さのため2倍、3倍と高い。しかし
こうした事例はスーパーの売り場内においてもある・・・たとえば、ロース肉100g128~148円ほどの輸入物、228~248円の国産品、328~348円の黒豚品と、その上下差は2.5倍にもなる。 

 にもかかわらず、価格第1と考えるスーパー等が多い。価格第1と考えることは、品質・鮮度等を第1、品揃えの豊富さを第1、便利さを第1とする人々を無視することになる。また3要素に沿った繊細なマーチャンダイジング努力を軽視し、一部の客を失っていることになる。 

スーパーの顧客調査は当方も学者さん以上に徹底して分析してきたつもりだが・・・

1,50代以上のサラリーマンは労働所得もかなり高く、アッパー層として優雅な食生活をしている層も結構多い。

2,60~70代の年金生活者にも、平均23万円の厚生年金を受け取り、かつ企業年金を受け取り、子育て費も減り、「せめて食事だけは贅沢したい」と考える層が多い。

 3.20~30代の人は、所得も少なく子育てにも経費がかかり、一般の安さ志向である。それでの時に話題にできるよう「こだわりの食品も食べたい」の願望もある。

 4.ギフトを他人に贈るばあい、だれしも価格に配慮しつつも珍しく、こだわりのあるものを選びたいと思うものだ。

 5.地方発のこだわり商品は、都市住民の出身県の多様性を考えれば、高くても「おらが県のこだわり品」を選ぶことも大いにある。 

 以上からすれば、「安さが総て」のマーチャンダイジングは、明らかに片手落ちだし、店に利益をもたらさない。当方の主婦の食のライフスタイルを因子構成比に直すと、9都府県、18地区の500人の訪問調査によると、品質志向36.7%、品揃え志向26.9%、価格(安さ)志向26.7%、便利性志向9.7%となる。各世代にまたがった調査である。 

 価格志向は27%ほどの少数派に過ぎない(もっとも若いフリーターや、非正規雇用世代まで含めれば、価格志向はもっと増えよう)。主婦をベースとするスーパー等では、100-27%=73%を意識したマーチャンダイジングやセールスプロモーションにこそ、活路を見出すべきだ。 

 アベノミックスの効果を願うとすれば、消費税や輸入品高を反映し、かつまた付加価値を正常に反映し、食品の価格も「年2%ほどの上昇もやむをえない」「そのかわり、関係者の賃金も上がる」という経営の実現を目指すべきではないか。 

 具体的には、生鮮品や加工食品について、地方のこだわり品をカテオリー別に埋め込むばあい、「地方銘品」「こだわり品シリーズ」といった小型の統一POPをつけるとか、関連コーナーごとに3~4尺の「こだわり銘品コーナー」といたものの設置を望みたい。ただ分散し埋め込み陳列すれば、既存の売れ筋商品に埋没し、利益はあるが回転の悪いものになってしまう。 

 25~35%の粗利益が確保できる反面、回転率は低いはず。しかし「店の個性を売る」という戦略に貢献させる・・・という配慮が必要になる。 

 これら地方発の商品は、JAや農業法人協会、農業会議所、県などで開催する展示即売会を回ればいくらでも発見できる。6次化ブームは同時に食の展示・商談会ブームを生んでおり、ぜひバイヤーの来店を望んでいる。利用しない手はない。 

 ほんの1例を紹介すると、この3月12日(水)、13日(木)に、JA全農・JAバンク・JA全中主催、農水省講演の「第8回JAグループ国産農畜産物商談会」が東京国際フォーラム・展示ホールで開催される。毎年、この時期に開催されると思えばよい。

<追伸>12日展示会の参考商品

 
①宮崎県経済連レトルトカレー 宮崎牛カレー180g 参考売価550円、トマトカレー180g、、きのこカレー180g、スープカレー195g、、ワインカレー200g 各参考売価350円 
 
 
➁JAおきなわの蒟蒻ゼリーシリーズ(シークワーサー・タンカン・パイナップル)
 


➂北海道JA中札内 えだ豆・黒えだ豆の冷凍、筋なしいんげんの冷凍、黒えだ豆のフリーズドライ、スイトコーンの缶詰等

 
➃島根県JA樋川町 ハト麦入り珈琲、発芽ハト麦茶
 




 なお当方の「安さだけが総てではない」の原稿、「主婦の買い物動向」のパワーポイント原稿(両者共通部分あり)、申し込みいただければ,000円でメール送信。E―mail:mkondou@vega.ocn.ne.jp

 

0 件のコメント:

コメントを投稿