2012年5月19日土曜日

本格的なレジャー農園-小松沢R農園に学ぶ!

    イチゴ狩り、ブドウ狩りなどの観光農園は多いが、年間集客を目指し、多様なレジャーをコラボレーションしている農園はなかなかない。埼玉県横瀬町大字横瀬1408の(有)小松澤レジャー農園は、コラボによる周年利用を顧客に促す一歩進んだモデルである。代表者の町田恒夫さんは埼玉県下における6次産業化のボランタイー・プランナー任命の1号でもある。

 これまで2回訪問したが、丘陵地帯の裾に沢山のイチゴ、ブドウ、原木シイタケなどのハウスが並び、ブドウ園下の広いバベキュー施設、屋内のバーべキューやうどん・そばが食べられる施設、うどん・そば打ちのできる体験施設、立派なトイレ等が配置されている。敷地は2.5haと聞いている。

 裏山は銀閣寺を思わせる巨石、樹木、マス釣り池も配置した庭園になっている。この景観だけでも見るに値する。あらたにカエデの立木オーナー制度も導入され、カエデが次々とうえられている。

 
 駐車場も約120台分あり、これと別に西武線・横瀬駅行きのバスも12時50分、1時50分、2時50分、3時50分と4本準備され、随時電話により送迎もするようで、送迎バス(30人乗り超え)も3台あるとのこと。繁盛のほどが推定できるはず。

 問題は周年を通じて生産品の提供、食、体験などの魅力を提供をし続けるかだが・・・
1.生産品の観光農園 原木シイタケ狩り(ほぼ周年)、イチゴ狩り(12月中旬~7月上旬)、ブドウ狩り(7月下旬~11月上旬)。生産品がない夏休みは、マスつかみ取り(5月~10月)や釣り(9月~6月)、竹トンボ作り、昆虫採集など。
2.食の提供 そば・うどん(周年)、山然焼バベキュー、きのこ鍋。流しそうめん(夏休み)
3.体験教室 そば・うどん打ち教室(周年)、竹トンボ作りや昆虫採集(夏休み)。

 以上のように、観光農園+食+体験教室+自然の景観(憩い)といった4要素がコラボ
されて、初めて通年型のレジャー農園になることを教えてくれる。まだまだ地域の特産品や資源があれば付加すれば、地域見合いの個性あふれたレジャー農園は可能である。
 
 詳しくは当園のHPや冒頭の写真を見ればひと目で分かるが、春、夏休み、秋に分けてセットメニューが打ち出され、その中でいくつかの選択ができる。つまり、次回来るときは前回と違った部分メニューも選べるとなれば、リピーターも増えることになるのでは?


例えば・・・
 1.春のおすすめメニュー イチゴ食べ放題+食事 食事はA.山然焼きバベキュー(ライス・味噌汁付き) B.ソバ・うどん打ち体験(と食べる) C.きのこ鍋 この3つのなかから1つを選ぶ。イチゴの生産量もあり時期を3期に分け小学生以上2,900~2,500円、小学生未満1,000~800円。
 さらに400円出せば①シイタケ狩り、②ニジマス釣り、③ニジマスつかみ採り・・・のいずれかを選んで楽しむことができる。
 2.夏休みおおすすめメニュー マスつかみ採り・川遊び+流しそうめん+竹とんぼ作り+昆虫採集。  小学生以上は山然焼きバーベキューを含め3,300円、小学生未満は
山然焼きを含まず1,600円。
 3.秋のおすすめメニュー ブドウ食べ放題+山然焼きバベキューかそば・うどん打ち
のどちらか1つを選択。また①シイタケ狩り、②川マスのつかみ取り(1尾)、③川マスの釣り(1尾)、④さつま掘り(3株)のうち1つを選択。小学生以上2,900円、未満1,300円。
 これらの他、シイタケの森体験700g500円-他に土産、そば打ち体験3,800円、うどんうち体験3,000円といった単独のメニューもある。


   いずれにしても、多様なメニュー、その組み合わせで周年にわたり客を呼べる形に近づけてこそ、レジャー農園としての発展がありそうだ。それでも、季節や曜日による変動があり、多くをパート・アルバイトの労力でまかなうことも必要になる。小松澤農園の場合、パートであっても教育が徹底してしていて、実に親切に対応してくれた。
 観光農園がいくつか集まり、集団として売り出す工夫もあるはず。小松澤レジャー農園の近くには、「果樹公園あしがくぼ道の駅」まおるが、ここで名乗る「果樹公園」は道路を挟んだ山の斜面に点在する33軒の果樹農園と直売所の総称。プラム、ブドウ、リンゴ、イチゴなどのフルーツ狩りが楽しめる複数の観光農園のことである。
    平坦地の場合、景観は不足するが、点在するブドウ、ブルーベリー、イチゴ等の観光農場、稲作、畑作、酪農などをグループ化し、1ケ所に直売所を作り、これを起点として放棄自転車を利用し、自転車ラリーと兼ね①食べる-②農業体験もする・・・といたレジャー・ゾーン作りのアイデアも考えられる。

 



































   

 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿